脂肪肝の症状



スポンサードリンク


脂肪肝の症状は実にさまざま

脂肪肝症状について紹介します。

 

初期にはほとんど自覚症状はなく、脂肪肝の特徴といえるような症状もありません。

 

しかし、進行すると体がだるい、疲れやすい、食欲がないなどの一般的な肝臓病の症状が出現します。

 

脂肪肝の症状はなかなかわかりにくいのが現状です。

 

脂肪肝とは、中性脂肪が5パーセント以上あることを言うのですが、検査してようやく脂肪肝と判明することが一般的です。

 

 

 

 

 

他には、だるかったり、疲労感があるみたいです。

 

上記でも述べましたが、症状がないのが脂肪肝の特徴です。

 

肝臓の病気は、症状がでないので、だるかったりしたら病院にいって検査してもらったほうがいいと思います。

 

脂肪肝の症状から脂肪肝と診断されたら、やはり食事制限、適度な運動をして改善に努めましょう。

 

 

 

 

 

 

<脂肪肝は要注意>

 

肝臓に溜まる脂肪は中性脂肪が最も多く、コレステロールやリン脂質などもあります。

 

脂肪肝になると肝臓は徐々に肥大し、肝臓表面は滑らかで黄色味がかってみえます。

 

肝炎には脂肪肝が合併し易くなり、肝炎の合併していない脂肪肝という病気でも肝硬変に進む事もあるため注意して下さい。

 

何度も言うように、脂肪肝というのは殆ど自覚症状を感じることがありません。また、血液検査でも異常が認められにくいため、放置されてしまう危険性があります

 

しっかりと脂肪肝の症状をチェックして早期発見に努めてください!

 

以上、脂肪肝の症状についてでした。

 

 

 

 

 



スポンサードリンク


関連ページ

教えて!脂肪肝の症状って・・・?
脂肪肝の症状とはどのようなものがあるのでしょうか?基本的に脂肪肝は自覚し難いケースが多いです。
脂肪肝の病気の症状を解説
脂肪肝の病気に関する症状について紹介しています。まずは脂肪肝にはどのような症状の病気があるのかをチェックしてください。