脂肪肝の症状



スポンサードリンク


教えて!脂肪肝の症状って・・・?

脂肪肝症状について紹介します。

 

脂肪肝は自覚症状があまりなく、気づきにくいのが特徴です。

 

初期症状はだるくなったり、疲れやすいといった症状を実感することが多いです。

 

よくお酒を飲む方は、脂肪肝になると、悪い酔いすることが多くなることがあるようです。

 

症状が進行していくと、食欲の不振や右上腹部に痛みを感じるなどの症状が出てくるので注意してください。

 

 

 

 

 

 

基本的にほとんどが無症状です。健康診断の際に肝機能障害が見つかり、さらに詳しく精密検査を実施して脂肪肝だと判明するケースが大半です。

 

脂肪肝の症状の人はほとんどが肥満者なので、減食療法などを利用して体重を減らすことが大切です。

 

脂質やアルコールを大量に摂り続ける結果、肝臓での分解が十分にできず、肝細胞に脂肪が蓄積されます。

 

アルコール性の脂肪肝は肝臓の繊維化が進み、最悪の場合には、肝硬変を引き起こす恐れがが高いので十分に注意しましょう。

 

脂肪肝になってしまうと、動脈硬化になる可能性が高まり、さらに心臓病や脳卒中の危険も高くなります。

 

脂肪肝の症状が少しでも当てはまるなら、ぜひ検査を受けて軽度のうちに改善しましょうね!

 

以上、「脂肪肝の症状って・・・?」についてでした。

 

 

 

 

 



スポンサードリンク


関連ページ

脂肪肝の症状は実にさまざま
脂肪肝の症状は実にさまざまです。あなたがどの脂肪肝の症状なのかを理解することが治療するための第一歩です。
脂肪肝の病気の症状を解説
脂肪肝の病気に関する症状について紹介しています。まずは脂肪肝にはどのような症状の病気があるのかをチェックしてください。