脂肪肝の症状



スポンサードリンク


脂肪肝の病気の症状を解説

脂肪肝の病気の症状について紹介します。

 

脂肪肝は、肝細胞の内部に脂肪分が必要以上に多く蓄積した状態のことを指します。

 

脂肪肝の原因として、アルコール依存症や、肥満、糖尿病が挙げられます。

 

他には、栄養失調や、遺伝性の代謝障害なども原因になります。

 

これらの原因で肝細胞内に脂肪の蓄積される仕組みは、今のところ依然として解明されていません。

 

脂肪肝は一般に無症状ですが、まれに吐き気、嘔吐、痛み、腹部の痛みを引き起こすことがあります。

 

一般的には、肝機能検査を行い、肝臓に炎症などの異常があるかどうかを詳しく診断します。

 

 

 

 

 

 

肥満による脂肪肝の場合には、食事療法や運動療法が症状の改善には効果的です。

 

その際、一日に必要な摂取カロリー(約1,600キロカロリー)は絶対に摂取し、過度のダイエットはしないように注意してください。

 

つまり、栄養バランスを崩さずにバランス良く食事を摂ることが重要です。

 

詳しく説明すると、各種ビタミン群、糖質(炭水化物)、タンパク質、脂質、食物繊維をバランス良く摂取して過食をしないようにします。

 

そして摂取したカロリーを十分に消費できるだけの運動を継続して実施することが必要です。

 

ジョギングや散歩など簡単な運動でよいので、余剰カロリーをつくらないようにして体重を徐々に減らしましょう!

 

 

以上、脂肪肝の病気の症状についてでした。

 

 

 

 



スポンサードリンク


関連ページ

脂肪肝の症状は実にさまざま
脂肪肝の症状は実にさまざまです。あなたがどの脂肪肝の症状なのかを理解することが治療するための第一歩です。
教えて!脂肪肝の症状って・・・?
脂肪肝の症状とはどのようなものがあるのでしょうか?基本的に脂肪肝は自覚し難いケースが多いです。