脂肪肝の治療



スポンサードリンク


脂肪肝を治療するには・・・

脂肪肝治療するためには何をすればよいのでしょうか?

 

脂肪肝の症状になる原因は肥満やアルコール、糖尿病などだといわれています。

 

この3つの中で肥満とアルコールという要因が原因で脂肪肝になる割合が大半を占めています。

 

そして、メタボリックシンドロームの可能性がある方も、脂肪肝になる恐れがあることを覚えておきましょう。

 

脂肪肝の治療法としてもっとも基本的なことはアルコールを摂取することを極力抑えて、日頃からできれば毎日短時間でもよいので適切な運動を継続することです。

 

 

特に肥満傾向の方はダイエットや食事制限などを実施して体重を減らすことが大切です。

 

 

 

 

 

食事は低脂肪、高タンパクの食材を多く摂取することを心がけ、1日3食規則正しくなるべく毎日大体同じ時間帯に食べましょう。

 

食事の量は腹8分目程度に抑えて、あともう少し食べたいくらいで食事を終えるようにしてください。

 

毎日、決まった時間帯に食事をすることで、血糖値を安定させる効果や腸の吸収率を平均化させる効果が見込めます。

 

そして、ゆっくりとしっかり噛むことを意識して食事をすることによっって満腹中枢が刺激されて食事の量が少なくても満腹感を味わうことができます。

 

 

 

 

 

また、アルコール過多が原因で脂肪肝の症状になってしまった方は禁酒が必要になります。

 

飲酒を原因とするアルコール性脂肪肝のケースでは、アルコール性肝炎へと進行してしまう恐れがあります。

 

アルコール性肝炎とは、簡単に説明すると、肝臓に炎症が起こっている状態のことを言います。

 

細胞が壊されてしまい機能しなくなったり、肝臓の脂肪化がどんどん進行している状態で、肝硬変の症状の前段階の位置づけです。

 

そして生活習慣を変えずに生活していると、最悪の場合は肝硬変や、肝がんへとつながることも考えられます。

 

一般的には禁酒を3ヶ月程度続けることで、肝機能を正常に近い状態に戻すことができます。

 

運動療法としては有酸素運動(ウォーキングやジョギング、水泳など)を大体30分以上実施することで、身体に蓄積された脂肪を効果的に燃焼できるので、脂肪肝の治療法として効果があります。

 

あなたもぜひ試してみてください。

 

以上、脂肪肝を治療するについてでした。

 

 

 



スポンサードリンク


関連ページ

脂肪肝の治療法を詳しく解説!
脂肪肝の治療法を解説しています。実際に脂肪肝を治療法があるのかを詳しく掲載しています。
脂肪肝を治療して治そう!
脂肪肝をしっかり治療しましょう。脂肪肝を治療するためには食事療法を正しく実施することが大切です。