脂肪肝のダイエット法



スポンサードリンク


脂肪肝を防ぐダイエット法

脂肪肝を防ぐダイエット法を紹介します。

 

脂肪肝が進行すると、肝硬変へと移行し、肝臓がんにまで至ることもあるので侮れない病気です。

 

脂肪肝になる主な原因は動物性脂肪の多い食事とアルコールです。

 

脂の多い食事をとりすぎると、肝臓はその脂肪の分解をしきれなくなってしまいます。

 

その結果、食事で摂取した脂肪は、どんどん肝臓に蓄積されてしまうことになるんです。

 

 

 

 

 

 

アルコールを毎日大量に飲む人も要注意です。また、肥満気味な人や糖尿病を患っている人も気をつけて下さい。

 

この脂肪肝はダイエットでかなり早い時期に改善することが可能です。

 

生活習慣、食生活の改善が必要ですが、やはり最後は本人のやる気にかかっています。

 

油料理に肉類が好きな方は蒸す、煮る、焼くなどの料理にして野菜は多くといった工夫をすることもおススメします。

 

一日の摂取カロリーも計算してみた方が良いでしょう。

 

BMIを計算すると32です。

 

将来の心臓病などの生活習慣病の危険性が大きいので肥満外来を受診することも考えてください。

 

 

 

 

 

<肝臓を守るためのダイエット 食生活編>

 

1)食事は腹八分目にして食べ過ぎに注意する
2)脂肪を摂り過ぎないように注意する
3)炭水化物(ご飯や麺類)、甘いお菓子はできる限り控える
4)中性脂肪を下げる食品を摂る(青魚、魚介類、大豆等、イモ類、緑黄色野菜、きのこ類、緑茶、ウーロン茶)
5)お酒を飲む際は、休肝日を週2日を必ず設ける
6)たんぱく質、食物繊維、ビタミン類を十分に摂る
7)適度な運動をする(ウォーキング等)
8)寝る2時間前までには食事を終える

 

 

 

 

 

 

以上、脂肪肝を防ぐダイエット法でした。

 

 



スポンサードリンク