脂肪肝の食事療法



スポンサードリンク


脂肪肝のための食事療法とは・・・

脂肪肝のための食事療法を紹介します。

 

きちんと摂取したい栄養素は、肉・魚・豆類などに含まれている良質のたんぱく質です。

 

たんぱく質は肝細胞の生成・再生に必要な栄養素で、肝臓内の代謝に必要な酵素などもたんぱく質からできているので、肝臓系の病気において高たんぱくの食事をとることが大切です。

 

他にはたくさん摂取したたんぱく質を活かすため、ビタミンやミネラルの摂取も重要になります。特にビタミンB1とB12の働きが大きいとされます。

 

脂肪肝の食事療法のポイントとして、個々の成分に着目して摂取するよりビタミンB群を多く含む食品、たとえば豚肉・鶏肉・魚介類・レバーなどからまとめて摂取することをおススメします。

 

ビタミンは水に溶けやすく、熱によっても失われやすい性質があるため、摂取量が欠乏しないよう、必要に応じてサプリメントを利用するのも良いですね。

 

 

 

 

 

 

脂肪肝対策の食事療法として摂取したい他の食材は、キノコ類や貝類です。

 

良質のたんぱく質とミネラル類をバランスよく含んでいるシジミは、味噌汁などで摂取すると効果的です。

 

また、食物繊維を多く含む食べ物をとることも脂肪肝の食事療法としては大切です。

 

食物繊維は肝臓のエネルギー摂取が過剰になることを防ぎ働きがあり、さらに糖質や脂質の吸収を遅らせる働きもあるためです。

 

 

 

 

 

 

 

<脂肪肝 食事療法 食べ方編>

 

1) 食事は三食きちんととり、夕食は軽めにする。
2)食事はゆっくりよくかんで食べる。
3)外食はエネルギーが多く、栄養のバランスも悪いので、選び方に注意しましょう。
   例:一品料理よりも定食ものにする 
     洋・中華定食よりも和定食にする
4)揚げ物、炒め物より、ゆでる、煮る、蒸すの料理は油を使わずに調理できるので積極的に献立に入れる

 

 

 

以上、脂肪肝のための食事療法でした。

 

 

 

 



スポンサードリンク


関連ページ

脂肪肝の食事療法のポイントを解説
脂肪肝の食事療法のポイントを詳しく解説しています。肝臓にはタンパク質が必要不可欠です。