アルコール性脂肪肝



スポンサードリンク


アルコール性脂肪肝を検証

アルコール性脂肪肝を実際に検証してみましょう。

 

アルコール性肝障害とは、日頃から大量のアルコール(お酒・ビールなど)を飲み続けることが原因で、肝臓の機能に障害を起こす症状のことを言います。

 

アルコール性脂肪肝の症状になっても改善せずにそのままの生活をし続けていると、進行していくうちに肝硬変や慢性肝炎になってしまう恐れがあるので注意する必要があります。

 

脂肪肝なる主な原因は、食べ過ぎ飲みすぎが大半を占めています。

 

食事で摂取する脂肪分や炭水化物を必要以上に摂りすぎてしまうと、中性脂肪として肝細胞にたまりやすくなります。

 

さらに、アルコールを過度に飲みすぎることも中性脂肪がたまりやすくなる要因の一つです。

 

他に原因としてダイエットの実施による栄養障害や、糖尿病、薬物、妊娠でも脂肪肝の症状になることがあるので注意しましょう。

 

 

 

 

 

 

 

アルコール性脂肪肝の方は無症状の場合が多いのが特徴です。

 

健康検診で偶然肝機能異常を発見されて、その時判明するということが一般的です。

 

アルコール性脂肪肝はアルコール性肝障害の中ではもっとも軽い症状なので、短期間のうちに肝硬変に悪化していくこともそんなに多くありません。

 

改善していくためには、まず禁酒をすることが大前提です。

 

上述したように、無症状であるため病気だという意識が持ちにくいです。そのため、仕事のつきあいや友人からの誘いなどで誘惑に負けてお酒を飲んでしまうケースが多いです。

 

アルコール性脂肪肝でよく言われてることは、大体日本酒5合を長期間飲酒し続けると脂肪肝になる確率が高まります。

 

肝臓の腫大と右上腹部から背中に感じる違和感、全身的な倦怠感などを感じることが稀にあります。

 

数週間の禁酒を実行するだけで肝臓が回復するのでしっかりと治療しましょう!禁酒かんばってくださいね^^

 

以上、アルコール性脂肪肝を検証についてでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 



スポンサードリンク


関連ページ

非アルコール性脂肪肝
非アルコール性脂肪肝に関して詳しく解説しています。非アルコール性脂肪肝の症状の方は最近増加傾向です。