非アルコール性脂肪肝



スポンサードリンク


非アルコール性脂肪肝

非アルコール性脂肪肝について紹介します。

 

非アルコール性脂肪肝の症状の方は最近増加傾向だという報告データが発表されています。

 

非アルコール性脂肪肝は、肝臓自体が徐々に線維化してしていくことで肝硬変に悪化してしまうケースもあるので注意が必要です。

 

また、アルコール性脂肪肝とは異なり、その原因にアルコールが含まれず、さらに男性に症状が出やすいことも特徴です。

 

肥満や、高血圧、糖尿病、メタボリックシンドロームの症状がある方に多いです。

 

脂肪肝をそのまま放置していると、脂肪肝炎を起こし、肝硬変や、肝ガンに移行してしまうので早期に治療することが大切です。

 

非アルコール性脂肪肝の症状は、大人だけではなく子どもを含む全ての人たちに起こる可能性があります。

 

大半は、糖尿病や高コレステロールを蓄積している中年の方に多く見受けられます。

 

 

 

 

 

 

非アルコール性脂肪肝の初期症状では大抵ほとんど自覚できません。

 

定期的な健康診断などの検査結果で肝臓に異常な数値結果が出た際に発見されることがほとんどです。

 

非アルコール性脂肪肝の治療には減量や、ウォーキングなどの適度な運動、あるいは糖尿病管理やコレステロール値を低下させる薬の治療を実施します。

 

特に毎日の食事は摂取エネルギー(カロリー)をコントロールして、タンパク質やビタミンB及びCなどの栄養素を十分にとるように献立を考えてください。

 

肥満が原因の人は、食事に加えて運動をする習慣に変えて、適度なエネルギー消費と必要な筋力をつけることが大切です。

 

また、糖尿病の症状の方は適切な治療を受け、血糖値をコントロールしていくことで回復できます。

 

しっかりと正しい治療法を実施して健康な肝臓に戻ってくださいね!

 

以上、非アルコール性脂肪肝についてでした。

 

 

 



スポンサードリンク


関連ページ

アルコール性脂肪肝を検証
アルコール性脂肪肝を検証しています。アルコール性肝障害とは、日頃から大量のアルコール(お酒・ビールなど)を飲み続けることが原因で、肝臓の機能に障害を起こす症状です。