脂肪肝を運動で改善する



スポンサードリンク


脂肪肝を運動で改善する

脂肪肝運動で改善することは可能です。

 

脂肪肝の治療の基本は、食事療法と運動療法です。

 

今回は運動にフォーカスを当てたいと思います。

 

運動を実施する一番の目的は、基礎代謝を現在よりも活発化させ、脂肪をためない体に改善することです。

 

下半身の筋肉を鍛えることで、結果的に肝臓に好影響を及ぼすことができます。

 

その中でも一番手軽で良い方法は軽い「有酸素運動」を実施することです。

 

ちなみに有酸素運動とは、酸素を消費する方法で筋肉の収縮するエネルギーを発生させる運動全般を指します。

 

それに対して、酸素を消費しないで筋肉の収縮のエネルギーを発生させる運動が無酸素運動です。

 

陸上競技で例えるなら、短距離走は無酸素運動で、長距離走は有酸素運動というと理解しやすいかもしれませんね^^

 

 

 

 

 

 

有酸素運動は循環器系などの内臓の健康状態を維持する際に有効な方法です。さらに不健康な状況を改善したり、脂肪代謝を改善する効果も期待できます。

 

もしあなたが普段運動するのに慣れていないのなら、ウォーキングから始めるのが一番です。ウォーキングを実施するのは食前が理想的です。

 

しかし夜なら食事と就寝の時間の間隔が短くなってしまうと、逆に内臓脂肪が貯まりやすく脂肪肝の改善に悪影響を及ぼします。

 

なので食後で約30分程度時間を空けて運動をしてください。

 

ウォーキングは大体20分以上続けることが脂肪をしっかりと燃焼させるには重要です。

 

毎日ウォーキングをすることが何よりも大切です。

 

歩けば歩くほどたまっている脂肪がどんどん燃えているとイメージしながら続けると効果的ですよ!

 

がんばってくださいね^^

 

以上、脂肪肝を運動で改善するについてでした。

 

 

 

 

 

 



スポンサードリンク


関連ページ

脂肪肝に効く運動療法
脂肪肝に効く運動療法に関して紹介しています。脂肪肝の症状に見られる中性脂肪や高脂血症の改善には日常生活での適度な運動が大切です。